学生気分が抜けない講師だって

塾の講師においては、学生気分が抜けない学生がいます。これは授業の内容においては、プロとしての意識が低く、しっかりと授業を行うことが出来ない場合があるのです。これには学生であることは、生徒と年齢が近いために、勉強に対してどのぐらいの苦労をしてきたか、という経験があるために、比較的共感を得やすい傾向にあります。しかししっかりと仕事を行うことができずに、学生気分の状態で授業を行うことはとても危険なのです。 塾においては、分かりやすく授業を行うことが大切になります。そのためにはある程度の知識が必要になり、そしてその知識に対しての理解が必要になるのです。学生の場合においては、この知識の取得においては優れてい部分があったとしても、学生である場合には、ある程度の妥協をしなければならない場合があるのです。 これは知識を身につけることと、それを教えることとは性質が異なるために、いくら学業において優れていたとしても、それが塾で上手く教えることができるという能力には直結しないのです。そのため学生の場合には、教えることが上手い人と上手くない人において、大きな差が生まれてしまうことになるのです。 塾で学生が問題となるのは、この人材の能力において、大きな波があるということです。授業が上手い人と上手くない人とで大きな差が生まれてしまうことになり、上手くない人に当たってしまった場合には、成績を上げることが困難になってしまうのです。 さらに問題点としては、学生気分が抜けない場合です。これは授業の時間に遅れてしまったり、また生徒に対して馴れ馴れしい態度を行ってしまうことにより、生徒や保護者に対して不快感を与えてしまうことがあります。講師としての責任感が薄れてしまうために、また授業の内容について責任を持つという自覚が薄れてしまっているため、授業の内容の質が大幅に低下してしまうことがあるのです。そのため学生が講師を行っている場合には、あたりとはずれの差がとても大きいのです。

ページ上に戻る